スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IZZのどーでもいい話

IZZです。こんばんは。

またまたTVで仕入れた

どーでもいい話を一つ。

スペンサーの町を救った

図書館猫

「デューイ」のお話です。


デューイは1988年1月18日の夜に,
スペンサー公共図書館の
返却用ブックポストに捨てられていたところ,
翌朝図書館の職員に発見され,保護された。
その後図書館評議会と市参事会の承認を経て,
同図書館の正式な「スタッフ」の一員に迎えられることとなった。
デューイという名前は公募によって,
「デューイ十進分類法」から名付けられた。
餌の費用は利用者や愛猫家からの募金によってまかなわれていたが,
遠くはニューヨークから送金されたこともあったという。
なおデューイは勤務にあたり,
爪抜きや去勢の手術,
ワクチンの接種を受けている。
デューイはスペンサー公共図書館の正式なスタッフとして,
8つの職務を担当した。
その中には「人々のストレスを癒す」,
「毎朝9時に入り口の前に立ち,利用者を出迎える」
といった人々を和ませる仕事ばかりではなく,
「図書館主催の催しに参加する」,
「全米および世界規模で,スペンサー公共図書館の広報活動に携わる」といった,
図書館の広報・アドヴォカシー活動をも担うことになった。
たとえば地域の新聞,雑誌からの取材や,
図書館で活躍するネコの姿を描いた
ドキュメンタリー映画“Puss in Books:Adventures of the Library Cat”,
日本のテレビ番組への出演など,
デューイはさまざまなメディアに登場し,
スペンサー公共図書館の広報官として活躍してきた。
また同図書館友の会が作成した,
4種類のポストカードのモデルともなり,
1枚1.5ドル(約170円)で販売されるなど,
図書館財政をも潤してきた。
スペンサーの街は不景気だったのだが
デューイ効果で
街は活気を取り戻し
人々は喜んだ。



ふーん。


























2089747_s.jpg

うちには

ダーツできる

家畜がいるけど

不景気だよ!




こんな猫がほしいです。

バレンタインカクテルは

終わりましたが

HOTカクテルと

フライトマッチは

まだやっています。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zumon

Author:zumon
登場人物
ZUMONマスター「IZZ」
酒が大好きでこの仕事をやっているロクデナシ!
マニアックな物の収集癖あり。
プロデューサーやまP
元パチンコ屋エリアマネージャーの実績を持つ勢いと声のでかさのみの男w。ZUMON移店のプロデューサー的な人。
HASE
IZZの友人でフリーのシステムエンジニア。
ガンプラを肴にバーボンを飲める男w
てんてん
土曜日だけのバーテンダー。
好きなタイプは淡路に住んでる女性w

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。